ブログ

■ワンコのご飯にトライプ。トライプの不思議。

我が家の愛犬、ミニチュアダックスラムちゃん。今年で10歳の妙齢のワンコ。

ラムちゃんのお腹にシコリを発見したのは2年前の夏。数も増えて、最終的には5個くらいになってたかな。このシコリ、良性か悪性かというのは、切って生研してみないとわからないと。それは、つまり、調べようと思うと切除しかないとのこと。それならば。全部摘出しましょうと、手術で切除しました。

結論から言いますと、全て良性の腫瘍でした。でもね、放っておいたら悪性になるかもしれないし、切って良かったと思います。

実は興味深い話がありまして。もともと手作り食をしていました。手作り食の一環として【鹿の匠 丹波】の「トライプ」も以前から与えようとチャレンジしていましたが、うちの子はトライプが苦手でして、食べてくれませんでした。

(㊟トライプとは鹿の胃の内容物。小腸に送り込まれる直前の最も消化吸収の良い栄養が存在してます。消化液、消化酵素、乳酸菌までも!!トライプのことは、また次回詳しくご説明いたしますが、ワンコには必須の食事だと思ってます。)

ずーっと食べてくれなかったトライプですが、しこりを発見してから、試しに与えてみると、、、、すごい勢いでトライプを食べ始めたのです。今まで見向きもしなかったトライプを!!ああ、ワンコって動物って、今自分に必要なモノが本能として分かるんだなーと思いました。

そしてです。しこりを切除した後、またトライプを与えると、、、、、昨日まであんなに勢いよく食べていたトライプを。しこりを切除したら突然また食べなくなったのです。必要なくなったということだったのでしょう。

そして、現在。お腹にひとつ、しこりがあります。増えもせず、大きくもならずで、様子見しておりますが。今はトライプを食べるんですよね!!ラムちゃんの本能がトライプを欲しているのだと思います。

いくらお家で飼われているワンコでも。やはり野生のカン?本能はしっかりあるのです。身体が欲するものを本能として嗅ぎ分けているのです。今日も大喜びでトライプ食べてましたよ~。

元気で長生きしてほしいの。いつまでも私の傍にいてほしいの。毎日一緒に過ごしたいの。元気でいてね!そのためにはママは何でもします!!だってあなたが好きだから~。

あゆさんブログより

【鹿の匠 丹波】グリーン・トライプ  丹波で暮らす日本鹿。国産初の鹿のトライプを商品化しました。

【鹿の匠 丹波】ドライ・トライプ  匂いも減り扱いやすくなりました。

【鹿の匠 丹波】ドライ・ストマック  丹波の鹿の胃袋をトライプ付きでカット

TOPへ戻る