鹿の匠丹波シリーズ

丹波で育った野生鹿をいただく

丹波の森

鹿

鹿の捕獲数推移

鹿による農作物の被害

■安全・安心な野生の日本鹿は、わんちゃん、ねこちゃんを、おなかの中から元気にしてくれます。

EGサイクルの、ナチュラル・ドッグフード「鹿の匠 丹波」ブランドは、100%野生の日本鹿で作る愛犬のための無添加、高級食材です。
鹿肉は、昔からヘルシーで栄養も豊かなことで知られており、ヨーロッパでは古くからジビエ料理の高級食材として使われてきました。しかし日本ではこれまで、市場に出回ることは殆どありませんでした。それが近年、健康食材、低アレルギー食品として注目され、食用は勿論、ペット用にも徐々に消費が増えています。
利用しているのは野生の日本鹿ですから抗生物質の接種もありません。健康な日本鹿を、人の食材と同じ衛生管理基準下で解体処理しています。品質を厳選し、鮮度を保ちながら丁寧に手づくりし、ペットに優しいナチュラルフード【鹿の匠 丹波】の商品は出来ています。高たんぱくで低脂肪な鹿で、ペットのおやつに、ごほうびに、フードのトッピングにとご利用ください。愛する家族のうれしい表情にきっと満足いただけることでしょう。

■丹波の森の恵みで育った鹿

兵庫県の丹波地方独特の気候は、豊かな植生をもたらし、動植物の生育環境として大変恵まれた自然を育んでいます。昼夜の寒暖の差が植物にとって良いことは、黒豆、松茸、栗、山の芋など多くの名産品が証明しています。そんな自然が育んだ植物を食してきた丹波の日本鹿。丹波の森の恵みは、そのまま鹿の身に蓄積していきます。

当初は丹波の野山の幸を十分に食べて駆け巡る日本鹿を、無駄なく活用することに力を注いできました。今では近隣県より、より多くの日本鹿を有効活用しています。衛生管理がしっかりしている「ひょうごシカ活用ガイドライン」に沿う施設の日本鹿を利用しているので安心です。ただ、日本鹿は季節や地域により捕獲頭数に増減があり、十分な数量は望めない商品もございます。どうぞご了承ください。それでも、ペットの喜ぶ顔がみたくて【鹿の匠 丹波】は品質にこだわり頑張っています。
国内で初めて、貴重なグリーントライプ(胃の内容物)をパッケージ化しました。狼だった頃の野生の感覚や犬本来が持つ元気を取り戻してほしいのです。これからも高齢犬や体質改善を必要とする愛犬には、ナチュラル・ペットフード「鹿の匠 丹波」を自信をもってお薦めします。

■里山のサイクルを取り戻す

そんな野生の鹿に関する、最近の悩みをご存知ですか?鹿が、本来住んでいる山から里に出てきて、農林業に大きな被害をもたらすことです。これは、繁殖力が強いことや、天敵である狼がいなくなったこと、人が里山の草木を利用しなくなったことなどが原因と考えられています。
兵庫県は被害対策として、狩猟と捕獲による駆除と、その有効活用を進めています。しかし、残念ながら、鹿の増加に歯止めがかかっていないのが現状です。鹿肉をドッグフードに利用するEGサイクルの取り組みは、自然環境保全対策の切り札として全国的に期待されています。
愛犬に素晴らしい高級食材を提供できるうえ、里山の保全にもつながります。野生鹿には、そんな2倍の価値が含まれています。
どうぞ、EGサイクルのナチュラル・ペットフード「鹿の匠 丹波」ブランドをご利用いただき、あなたも丹波の森の保全に一役かってください。

「丹波鹿のガイドブック」もご覧ください。

TOPへ戻る